検索結果上位を目指して! キーワードプランナーを利用してみる!【ブログ運営】

グーグル先生のツールはやっぱり使うべきでしたね。

「キーワードプランナー」と言うのはご存知でしょうか?

ブログを書いている人だと少なからず聞いた事があるかと思うこの単語。
自分ももちろん知ってはおりましたが、グーグルアドーワーズ登録が必要な為、面倒だと思って使ってみた事はなかったんですね。


 登録って、なんか怖いしね。

ただ、今回の目標もあり、いよいよやってみるかと思った所、

アドセンス登録終わっていたので、かなり楽に登録が出来ました!(*´ω`*)

アドセンスもアドワーズも口座管理や住所登録は共有なので、楽チンなんですね。
もっとはやめに気づいていれば・・・・。

と言う事で、無事に登録を終わらせ、早速使ってみる事にしました!

  参考サイトさんはこちら。

【2018年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり



このサイトの立ち位置が根本から否定されました。

アドワーズの登録途中で、アカウントに紐づいたオススメのキーワードがグーグルから提案されます。
アカウントにサイトが紐づいているので、グーグルが集客に効果があると思うキーワードを初期状態でおすすめしてくれるのですが、

圧倒的モンスト感!


 モンストすげぇよぉー。

そこで、神プロ関連を入れてみた所。

何、この差。

ん?

「神姫 ディアボロス」が「210」!?

そもそも検索してる人が激少っ!!(;゚Д゚)

まるほどですね、そういう事ですか。

需要がないんですか!

そうですよね、「神姫プロジェクト」自体のボリュームはまぁまぁなのに、ディアボロスを入れたとたんにこの規模。

現実を思い知りました!

ただ、これは前向きに考えると、「神姫プロジェクト ディアボロス」の1ページ目は狙いやすいという事でもありますよね。
キーワードプランナーでの結果を調べると、神姫プロジェクトの検索ボリュームは、

「神姫プロジェクト」と言う単語以外の検索ボリューム低い

事がわかったのは良かったです。
関連キーワードがもはや、グラブルとか出てきちゃうくらいですもんね。


 ううむ。

と言う事はつまり、

オーガニック検索での集客を考えるならば、

「神姫プロジェクト」のキーワードで検索上位に行かなければいけない。

このキーワード、シークレットモードで調べたのですが、やはり大手やはてなブログなどドメインパワーのある所が軒並み上位。
もちろん、青萌白報はかすってもいません。

「神姫プロジェクト」で検索→ディアボロス使ってる人いるのかぁ→ふーん、楽しんでるんだ、やってみっか。

と言う人を生む為には、このキーワードで上位狙うしかないんですね。

神姫プロジェクトをプレイしている→ディアボロスが当たる→wiki見る→評価微妙だから使わない→検索しようとも思わない→飽きる

が今のイメージ。
これを、

神姫プロジェクトをプレイしてみようと検索をする→ディアボロスを使っているブログを見かける→記憶の片隅に残る→ディアボロスが当たる→そういえばブログあったな→モチベ維持

ʅ(◔౪◔ ) ʃ か、完璧なサクセスストーリー!

了解了解、任務了解ですよ。

キーワードプランナーを使って改めて気づいた事。

ちなみにディアボロスでキーワードプランナー入れると関連候補に神プロ一切出てきません。
ディアお嬢様だとモンストだったり。

で、一つ気づいた事が。

キーワードプランナーではそもそも「神姫プロジェクト ディアボロス」は、「そのキーワード価値ないよ?」的な扱いのワードです。

https://goodkeyword.net/

一方、こういったサイトで、関連キーワードをぱぱっと調べる事も出来るのです。

神姫のディアボロスって、そもそも愛称が「ディアおじ」ですよね。
しかし、青萌白報では、アモン様の如く、主に「ディアお嬢様」と記述しています。

「ディアお嬢様」

「ディアおじ」


 ・・・・。

この結果を踏まえて、グーグル先生で再度調査。

「神姫プロジェクト ディアお嬢様」だと青萌白報は1ページ目。
しかし、サーチコンソールクエリは、アクセスを拾ってこない、つまり誰も調べてない。

「ディアお嬢様」の検索だと、グーグル1ページ目にはほとんど神プロ関連はのっていない。

「ディアおじ」の検索だと、グーグルは1ページ目から神プロ関連が上位。
もちろん、青萌白報は乗っていない。

つまり、愛称は重要で、「ディアお嬢様」でブログ書くよりも、「ディアおじ」で書いた方が検索で来る可能性があるわけですね。

なるほどなぁ・・・・。(・ω・)

と言う事で、一斉に「ディアお嬢様」→「ディアおじ」に変換いたしましたよ。
この辺り、WORDPRESSは素敵。

ドメインパワーを上げる為にキーワードプランナーは非常に有効かも!?

 過去エントリーもどうぞ。

ドメインパワーを上げる為に何をすれば良いのか?【ブログ運営】

この中にある、被リンクを増やすというコンテンツ。
キーワードプランナーで検索クエリを把握、そこからの集客ももちろん、優良被リンクになるわけですよね。
結果として、ドメインパワー上げる事になるわけです。

そこで思ったわけです。

青萌白報をグーグル先生のキーワードプランにかけると、上記で述べたように、
「モンスト」がゴリ押しされてきます。
更に「パズドラ」「フェイト」のボリュームが凄まじい為、こちらもゴリ押しされてきます。

まぁ、超メジャースマホアプリなので、分母も凄いのですよね。

で、青萌白報も以前はそっちがメインでした。
ブログ村などにも登録していた時期もあり、FC2での運営だった事もあり、まぁまぁのアクセスでした。
競合の多いジャンルで日記ブログでも、分母が大きければそこそこ人が集まる。
当時はもちろん、グーグル先生には拾ってもらってませんでしたが、

特定のキャラを愛してプレイしていたので、そのキーワードでは今でも引っかかります。

こちらですね。

原点回帰で木カリンちゃんと冒険。【パズドラ】

つまり、パズドラと言う大型キーワードの中で更に狭めたキーワードでも、分母が大きい為、そこの分子もボリュームはそこそこあったわけです。
今では、パズドラログイン勢なので、ここを広げるのはもう無理ですが。(;´・ω・)

で、肝心の「モンスト」。

パズドラの次に課金しているモンスト。
神プロの2倍以上は軽く課金してます。(汗)

一人で楽しんでましたが、仕事仲間は基本的にやってたという恐るべきキラーアプリ。

そして今でも自分はプレイしているという事実。

これは、つまり、グーグル先生の指示に従ってみるべきと言う事ですよね。
仕事辞めてから、モンストもめっきりマルチをしなくなっているので、ちょいとモチベがやばいですが、やはりキャラが可愛い!(`・ω・´)
ご褒美シーンとかそういうのないですが、プレイしていて萌える事が出来るのはおっさんにはとても有難いわけです!
ゲーム自体もそこそこ面白いですしね!

そして、「FGO」。

超まったりですが、これも遊んでます。
FGOのシナリオは自分世代にはずっぽりです。
他スマホゲーのシナリオとは比べものにならないクオリティだと思っています。

FGOの良さってそこなんですよね。
そこからキャラの圧倒的な魅力につながり、今の人気を維持しているのだと思います。

この2つのゲームをはじめ、キーワードプランナーで自分のやっているゲームを調べてみると、ボリュームの差を色々と調べる事が出来ました。


 やはり違いは歴然。

人気のスマホゲーはボリュームがやはり凄いっ!

人気のキーワードでどうすればPVを集める事が出来るのか?

ボリュームが大きいと言う事は、その分、競合が多いという事。

上で述べたように、重箱の隅をつつくようなキーワードと組み合わせてグーグル先生のご機嫌を伺うのがドメインパワーのないブログの正しい戦略ですよね。

そして、過去のサーバー側の解析を見て気づいた事があるのです。

神プロ関連に紛れ込む、

「モンスト だっき 可愛い」

の文字。
色々と過去をさかのぼると、

「モンスト 可愛い 運極」「妲己 可愛い」など、ピンポイントのキーワードが時々上がるんですよね。
「モンスト 妲己」だと、さすがに大手が軒並み上位ですが、

このようにグーグル先生の下の方で、関連キーワードが上がります。

そこに「妲己 かわいい」とかあるんですよね。

そして、この「妲己 かわいい」だと、青萌白報1ページ目に来てました。

  こちらの記事です。

これはもはや最上級の癒し! 妲己ちゃんの可愛さが異常!【モンスト】

これぞ、本来の「萌えるキャラ使ってゲームを楽しむ」と言うコンセプト通りの結果なわけですよね。


 これは面白いぞ・・・・。

モンスト関連もこのキーワードを意識して更新をしていっていたら、また別の結果になっていたのかもしれません。
「萌える」と言うキーワードはあまりにもボリュームがありすぎますし、「ゲーム 萌え」は絶対に無理。
となると、選ぶべきキーワードはなんとなく見えて来た気がします!
ひとまずは現在のプレイスタイルから導きだして、記事を書いて行こうと思います。

そして、どう変化していくのか? こうご期待!

ちょっと一言。

ブログ関連、調べれば調べる程面白い!
今が力を入れるチャンスな時期なので、楽しみながらやれるのは嬉しいぞ。
スキルアップは何事にも重要よね。


 もちろん、ゲームも楽しみますぞ!


アリサ


拍手からコメントも出来ます。
よろしければ是非拍手して行って下さいませ!

自己紹介

編成