ゴッドイーターレゾナントプスの神機の初心者向けおすすめ編成。【GEREO】

引き続き、レゾナントオプスを1ヵ月プレイした自分が送る、これから始める人向け紹介エントリーです。

まずは神機を12個装備しましょう。

基本的に、まずはどんな神機でも良いので、12個すべて入れ込みます。
最初は神機自体、そんなに持っていないと思うので、ガチャの産物で出てきたものどもをすべてぶち込む感じです。
これで、微力なれど、サブ神機補正と言う数字が上がり、戦闘する上で数字が加算され有利になります。
戦闘に参加しているゴッドイーターにかかる単純な数字補正なので、ここは入れないと損と思って良いです。
数が多い場合は、単純にステータスが高いものを入れた方が数字補正は大きくなります。

まずはステータス。

ゴッドイーターが揃ってきたら、共鳴効果を意識。

話を進めて行くとゴッドイーターが仲間になって行きます。
ガチャで全くゴッドイーターが出なくても、3人以上になって来ますので、ここからタイプ別に武器を意識する時期になります。
タイプ別と言うよりは共鳴効果を意識するという感じですね。

神機には「バーストアビリティ」と「共鳴効果」の2つがあります。
バーストアビリティは主人公が装備した時のバースト効果なので、単純に強いものを主人公に装備させてあげるのが良いです。
★5神機は★4以下に比べると明らかに性能が違うので、絶対に持っておくべき神機でございます。
「切断」「破砕」「貫通」それぞれ★5武器を持っていると素晴らしいですね。

で、大事なのは「共鳴効果」。

サブ神機に組み込む上で、ステータス同様大事な要素となっております。
この武器「ノイ・モーント改」の場合、共鳴効果が

「装備神機が神属性のGEの防御力UP(中)」

と記述されています。

これは読んで字のごとく神属性の神機を装備しているキャラの防御力が上がるのですが、序盤では神属性の武器を装備しているキャラはいないです。(後に参加します。)
主人公は装備する武器で属性が変えられるので、主人公を神属性にしてこの武器をサブ神機に設定すれば共鳴効果は得られます。

注意点としては主人公が装備した神機の共鳴効果は発動しない事です。

ではこの共鳴効果はどれくらい効果があるのかを検証します。

この「電磁パイク改」を使ってみます。
わかりやすいのが、この「体力UP」の共鳴効果。

単純にHPが上がるので、これで検証します。

まずは、共鳴効果の適用しない武器を装備して戦闘へ行ってみます。

主人公のHPは2,643です。

それでは今度は主人公を貫通タイプにしてみます。
先ほどの武器とHPは同じ武器なので、単純に共鳴効果の分だけ加算されるはずです。
フレンドのディバイダーも同じ方を選択します。

主人公のHPは2,664です。

つまり1%分共鳴効果でHPが上がっている事になりますね。

体力UP(中)で1%。

(。´・ω・)ん? それっぽっち?
っと思う事なかれ。

これを12本用意すると、12%UPです。
しかも全員貫通タイプにすれば、全員がその恩恵を受ける事になります。
そして、検証こそ出来ていませんが、この共鳴効果にはレベルがありますので、これを上げる事で更に効果が高まる結果に!

置いておくだけでこれは大きいね。

持っておいた方が良い共鳴効果の神機はこれ。

おすすめはタイプ別。
サブ神機は、効果もさる事ながら、いかにパーティ全員に効果が及ぶものを編成するかが重要になります。

長い目で見るとパーティーは同じタイプで固める事になると思いますので、このような「タイプ全員」に効果が及ぶ武器が優秀です。
切断パーティーを組む場合、こうした武器でサブ神機を固められると、その差は大きなものになりますよね。
現在、火や氷といった属性への効果は、なかなかその属性でパーティーを組める状況ではないので、現状ではあまりオススメではないです。

おすすめは女性ゴッドイーターに効果が及ぶ共鳴効果!

それは単純に女の子が好きだから!

と言う、自分のような人にはこの共鳴効果がオススメです。
タイプ属性をも覆す、愛のあるパーティーを組みたいと思っております!(変態)

しかし、これは実際有効な考え方だと思います。
タイプを揃えてサブ神機を固めないといけないと言う制約はないので、単純にステータスと共鳴効果を重視して考えると良いのです。
主人公を女性にしている方には、この女性共鳴はとても良いですし、セラとアリサと言う、普通に参加してくれる可愛いゴッドイーターにもバッチリ適応しますよ!

ぶっちゃけシエルにかかる共鳴効果ならなんでもいいけど!

以上、初心者向けのオススメ神機でございました!


拍手からコメントも出来ます。
よろしければ是非拍手して行って下さいませ!

当ブログのゴッドイーターレゾナントオプスRss/Feedのリンク先はこちら。

自己紹介

編成