神姫プロジェクトの魅力は何か?【神姫プロジェクト】

今、個人的に癒されているゲームが「神姫プロジェクトR」。
まぁ、18禁なので、アダルトな方々向けですけど、最近200万登録突破したそうなので、登録してみようと思う人は多いようです。
サイトをうろうろしていると実は良く見かける宣伝バナー。
ちょっとオタクよりな人だと必ず目に入ってしまうんですよね。
しかも、それが自分がグっとくる可愛いキャラだともう、クリック待ったなしです。

wordpress20161214001

SRキャラのアルテミス。
こんな露骨なツンデレ顔しているキャラは久々に見ましたね。
めちゃ可愛いです。

で、実際にプレイしてみると、これがなかなかに良く出来ています。

調べてみると、色々と酷評されていますが、そもそも18禁ゲームには高いゲーム性を求めてはいないので、個人的には問題なし。
おっさんゲーマーは昔のPCのドラゴンナイト的な微妙なRPGなどでも十分遊べてましたからね。
それに比べれば、本当に良く出来ています。

戦略性などもそれなりにあり、ただの作業ゲーになる事もありません。
ただ、これはそこそこ難しい敵に挑む時に考える必要が出るのであって、普段は脳死でも楽しめます。
しかも基本的に無料で遊べるというのがすごいですね。
無料で18禁ゲームが遊べてしまう世の中の進化、我々は感謝しなければいけませんね。

しかしながら、完全に無課金だと、非常に辛い戦いを強いられるのは、弱肉強食のネット世界では致し方ありません。
キャラ揃えるのは基本的にはガチャなので、お目当て(?)のキャラをGETしたい場合は、やはりSR以上確定の課金ガチャをするのが一番効率が良いです。
いや、現実的には効率が良いのかどうかは定かではありませんけどね。(実用的な意味で)

実際3,000DMMポイントでSR1枚+R2枚程度が出たとすると、ご褒美シーンは4シーン(SR2シーン、R1シーン×2)。
3,000円払うなら、普通に18禁ゲーム買った方が実用的では?というご意見もあると思います。


全くその通りです。

いや、全くその通りです。

この辺りはコストパフォーマンスという面から見て、個人的な考察をのべると、結論としてはその「過程」をいかに楽しむかでコストパフォーマンスは変わると思っています。
最近はオンデマンド派な自分ですが、やはりゲームや本も良く言われる「店で買って、家に帰るまでのワクワク感が貴重」と言うのもわかるわけです。
その気持ちで神姫プロジェクトのガチャを引くんですよね。
一応は、このゲームには「実用性」もあるわけなので、

「ガチャで出た!」→「育てる!」→「めでたしめでたし」

という一連の流れが想いを強くするわけですね。
もちろん、これはゲームを買ってそれをじっくりと楽しむ事でも達成されますが、「想いの種類」が違います。
つまり、一概にどちらがコストパフォーマンスが良いかなんて、言えないんですよね。

ちなみに自分は、「恋姫夢想コラボ」が来た瞬間、光の速さで課金しました。

華琳(曹操)様、めちゃ好きなんですよね。
そりゃ狙います。この「狙う」時のドキドキ感。
これも一種の楽しみですね。射幸心ともいいますが・・・・。

結論としては6,000円の課金になったのですが、

なんとアルテミスちゃんも出たので、もう完全に勝ち組です。
そう、これだけで満足なんですよね。
華琳様とアルテミス、しっかり育てて行こうと思います。


自己紹介

編成