第4回ギルド戦技競技会が終了! 反省点も多く、次回に繋がる育成方針を考えます!【神姫プロジェクト】

今回はガラリと違う戦い方が必要とされました。


今回は思いっきり特殊な測定になった感じでしたね。
普段全くやらないような戦い方を強要された感じだな。

3ターン制限。

この短時間で火力を出すとなると、いかにフルバを撃ち込むかが鍵となる戦い方が必要とされました。

つまり、イヤリングアクセセット効果による+30スタートにバーストチャージャーの神姫を置く。
即フルバ可能の神姫をなるべく使う。
連撃お祈りや、ターゲットお祈りで試行錯誤回数を増やす。

などなどでございます。

3ターンですぐ終わる分、回数をこなす必要もあり、時間をかけようと思うと恐ろしい時間がかかってしまう競技会でしたね。

管理人の結果と上位陣の編成考察。

総合1,565位となりました。

もちろんすべてディアおじ編成です。
それなりに試行錯誤はしたのですが、やはり最終日駆け込みはかなり後悔する結果となりました。


イヤリングなんて速攻餌にしてたよぉぉ・・・。
普段は使わないからなぁ・・・。

最終日に慌てて漁っても全然ないイヤリング。

1ターン目フルバはディアおじパだと出来なくはないのですが、それもイヤリング前提。
初日に遊んだ時、雷公カットで耐えてから3ターン目にフルバ撃つ戦略を組み立てており、結局それでやらざるを得ない事となりました。

闇属性の編成がどうしても確定せずに他と比べて少し数字が低くなりましたが、これでもまぁ。


やはり競技会は厳しいのよね・・・・。

今回は雷パが猛威を奮った模様です。
ストリーク幻獣が活躍する時代、と言うか減衰ダメを伸ばすにはストリーク幻獣使うしかないんですよね。
ただ、これはご理解勢編成なので、もうちょっと下の方の編成が正直見たい所でした。
特に自分のランキング周辺がどうなっているのかなんて、モチベ維持する上ではとても見たいんですけども・・・。

光と風も上位陣に食い込んでいます。
風アトゥムはバーストが壊れ性能なので上手く使っている感じですね。
幻獣がベトールと言うのが、武器どんだけゴリゴリなのか不安になるレベルです。

今回はやはり闇属性は見かけなかったので、少し属性がバラけた中でも全く見かけない闇属性は不遇の時代かもしれません。

次回の向けての育成方針。

今回は「かばう」や「タゲ集めアビ」が効果を発揮しない不具合があったとの事なので、次回以降、それが修正されて再度開催される可能性は高いわけです。

となるとイシスが旺盛ばらまいて2ターン目に確実に落ちてくれると言う素敵仕様になります。
配置する場所も決められるので、編成の最後におけば、即フルバ神姫以外でもイヤリングとバーストチャージで幅が広がります。

正直、今回と全く違う戦い方になりそうな予感がしてしまうわけですね。


その時までに育成の進め方を考えておいた方がいいな。

今回も感じたのは、ゴリゴリに育成した属性でのどこパがやはり数字は伸ばしやすいと言う事。

結局全属性をしっかりと育て上げるには労力が半端なくかかるので、競技会用に育成する属性をしっかりと決めておいた方が良さそうです。
属性を決めれば、イヤリング集めや武器の育成をその属性メインで出来るので、手間は減りますし、戦い方が決まっていれば試行錯誤もしやすいわけで。

今までディアおじで全属性を平均的に育てて来たのですが、1日1か2しか武器のスキルレベルを上げられなくなって来た現状、ここらでどこかの属性で特化するべきかなーと感じております。


ただ、100幻ないから集中すべき属性がイマイチ決められないの!


普段使いでも属性染で戦える必要があるからな。

今の所、管理人のおじパでも光が頭1つ抜けてる感じがします。
しかし、だからと言って単純に光の育成を重点的に!っと考えるのも安易な気がしてしまう上、イリスとルーと言う新世代コンビを持っていないわけです。


ただ競技会はどこパでやった方が色々と楽になりそうなのは確かなのよね。
編成いちいち変えたりするの面倒だしな。

ミラチケ候補を含め、おじパとの兼ね合いも考えながら、育てる属性を絞って行きたいと思います!

まとめ
育成は時間がかかる為、特化した属性を作っておくのが良いと思うのです!



神姫PROJECT
↑PCでのプレイ開始はこちらから。


神姫プロジェクトA
ジャンル   :PRG
パブリッシャー:DMM GAMES
価格     :無料(アプリ内課金あり)
対応機種   :iOS / Android
Copyright  :Published by©DMM GAMES

↓スマートフォンでプレイ開始のアプリダウンロードはこちらから。

Follow me!